多摩川あゆ工房トップ >事業所紹介・サイトマップ
事業所紹介
沿 革
62 でんでん虫共同作業所開所(定員10名)
第2でんでん虫共同作業所開所(定員15名)
2カ所の共同作業所を発展的に解消
多摩川あゆ工房を開設(定員45名)
定員を50名に増員
10 障害児者地域療育等支援事業承認…承認→受託
1310 多摩川あゆ工房第1分場「ワークショップあゆ」開設(定員10名)
17 多摩川あゆ工房第2分場「ぽぱい」開設(定員18名)
19 障害者自立支援法による新事業に移行
23 第1分場と第2分場が「夢花工房」として独立。
それにより多摩川あゆ工房は以下の規模となりました。
 ・生活介護…  定員36名
 ・就労継続B型…定員10名
 ・就労移行支援…定員 6名
23 多摩川あゆ工房を中心に南武線沿線で活動する事業部を設置
23 ヘルパーステーションいろはに開設
2411 グループホーム「パーラの家」開設(定員5名)
25 新たに分場「あゆクリーンサービス」開設(定員10名)
25 いろはにこんぺいとうを多摩区地域相談支援センターに再編
25 就労移行支援事業を休止
2511 グループホーム「ぐっすりT」開設(定員5名)
26 グループホーム「ぐっすりU」開設(定員4名→7名)
27 グループホーム「わさび」開設(定員5名)
27 いろはにこんぺいとう生田から中野島へ移転。
ヘルパーステーションいろはにも事務所を
多摩川あゆ工房内から移転、いろはにこんぺいとうと同居。
28 分場「みんなのお菓子屋さんレゼル」開設(定員10名)
28 グループホーム「わさびU」開設(定員5名)
12 グループホーム「ペニーレイン」開設(定員7名)

事業所配置図
各事業所❷〜❽の写真をクリックすると詳細をご覧いただけます。
事業所配置図
あゆクリーンサービス
(多摩川あゆ工房分場)
写真
あゆクリーンサービスは、

清掃作業に特化した多摩川あゆ工房の分場(従たる事業所)です。

設立 平成25年4月
目的
1. 「工賃と年金で暮らす」ことができる高工賃の実現
2. 一般就労に向けたステップアップの場、一般就労からのステップダウンの場となること
定員 10名(就労継続B型)
職員 常勤2名
清掃作業の内容
1. 日常清掃(廊下、トイレ等の拭き・履き掃除)
2. 定期清掃(ポリッシャー洗浄、ワックス掛け、エアコンフィルター清掃等)

清掃の主な現場
  • 川崎市北部地域療育センター
  • 川崎市わーくす中原
  • 川崎市めいぼう
  • 宿河原市営住宅1、2号棟
  • 中野島市営住宅、町会事務所(予定)
  • 特別養護老人ホームこむかい・南さいわい(社会福祉法人三篠会)
  • ル・プランタン等近隣マンション
業務概要
営業日 月曜日〜金曜日・時々土曜日
時間 午前8時30分〜午後5時15分
以上は原則です。
所在地
川崎市多摩区中野島6-17-3
サンハイムいずみA-101
連絡先(044)911-1315
(多摩川あゆ工房)
グループホーム
ぐっすりT・ぐっすりU
写真
業務概要

グループホームとは、障害のある人が一般住宅を利用し、4名から7名ほどで専門のスタッフの支援を受けながら地域で生活する事業です。

スタッフは夕方2名勤務をし、1名は周辺地域の方に来ていただき、食材の買い出しから手の込んだ食事を作っていただき、温かい食事を提供します。もう1名は入浴・洗濯などの支援をします。1名のスタッフは夜間も世話人室で仮眠をとります。毎日様々なスタッフが夜間支援も含めておこなっています。

ホームは自分でできることはやっていただきますが、スッタフの支援を受けながら楽しい生活が送れるようにしています。
グループホームのページ

根拠となる法律
「障害者の日常生活及び社会生活を支援するための法律」における共同生活援助
事業所所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS102 なごみグループホーム
電話(044)299-7715
FAX(044)299ー7985
E-mail:
nagomi-home@nagomi-fukushi.or.jp
※グループホーム「ぐっすりT」
川崎市多摩区生田2丁目
定員5名
※グループホーム「ぐっすりU」
住所 同上
定員7名
グループホーム
パーラの家
写真
業務概要

グループホームとは、障害のある人が一般住宅を利用し、4名から7名ほどで専門のスタッフの支援を受けながら地域で生活する事業です。

スタッフは夕方2名勤務をし、1名は周辺地域の方に来ていただき、食材の買い出しから手の込んだ食事を作っていただき、温かい食事を提供します。もう1名は入浴・洗濯などの支援をします。1名のスタッフは夜間も世話人室で仮眠をとります。毎日様々なスタッフが夜間支援も含めておこなっています。

ホームは自分でできることはやっていただきますが、スッタフの支援を受けながら楽しい生活が送れるようにしています。
グループホームのページ

根拠となる法律
「障害者の日常生活及び社会生活を支援するための法律」における共同生活援助
事業所所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS102 なごみグループホーム
電話(044)299-7715
FAX(044)299ー7985
E-mail:
nagomi-home@nagomi-fukushi.or.jp

※グループホーム「パーラの家」
川崎市多摩区菅北浦5丁目
定員5名
グループホーム
わさび・わさびU
写真
業務概要

グループホームとは、障害のある人が一般住宅を利用し、4名から7名ほどで専門のスタッフの支援を受けながら地域で生活する事業です。

スタッフは夕方2名勤務をし、1名は周辺地域の方に来ていただき、食材の買い出しから手の込んだ食事を作っていただき、温かい食事を提供します。もう1名は入浴・洗濯などの支援をします。1名のスタッフは夜間も世話人室で仮眠をとります。毎日様々なスタッフが夜間支援も含めておこなっています。

ホームは自分でできることはやっていただきますが、スッタフの支援を受けながら楽しい生活が送れるようにしています。
グループホームのページ

根拠となる法律
「障害者の日常生活及び社会生活を支援するための法律」における共同生活援助
事業所所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS102 なごみグループホーム
電話(044)299-7715
FAX(044)299ー7985
E-mail:
nagomi-home@nagomi-fukushi.or.jp

※グループホーム「わさび・わさびU」
川崎市多摩区登戸新町
定員各5名
グループホーム
ペニーレイン
写真
業務概要

グループホームとは、障害のある人が一般住宅を利用し、4名から7名ほどで専門のスタッフの支援を受けながら地域で生活する事業です。

スタッフは夕方2名勤務をし、1名は周辺地域の方に来ていただき、食材の買い出しから手の込んだ食事を作っていただき、温かい食事を提供します。もう1名は入浴・洗濯などの支援をします。1名のスタッフは夜間も世話人室で仮眠をとります。毎日様々なスタッフが夜間支援も含めておこなっています。

ホームは自分でできることはやっていただきますが、スッタフの支援を受けながら楽しい生活が送れるようにしています。
グループホームのページ

根拠となる法律
「障害者の日常生活及び社会生活を支援するための法律」における共同生活援助
事業所所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS102 なごみグループホーム
電話(044)299-7715
FAX(044)299ー7985
E-mail:
nagomi-home@nagomi-fukushi.or.jp

※グループホーム「ペニーレイン」
川崎市多摩区中野島4丁目
定員7名
みんなのお菓子屋さんレゼル
(多摩川あゆ工房分場)
写真
みんなのお菓子屋さんレゼルは、

焼き菓子作業に特化した多摩川あゆ工房の分場(従たる事業所)です。

多摩川あゆ工房で作業を実施している焼き菓子作業室が手狭になったため、自分のペースで作業したい人、バリバリ作業したい人など働き方のタイプに応じた場所を作るため、多摩川あゆ工房の外に焼き菓子室を新たに設けました。
もともと、コンビニだった場所を賃貸していますが、お店は営業していません。製造だけの分場です。ガラス張りなので元気に仕事している様子が外から見えます。

設 立
平成28年4月
実施事業
障害福祉サービス 就労継続B型
定 員
10名
所在地
川崎市多摩区登戸1027オーケービル1F
電話(044)819−5088
FAX(044)819−6040
E-mail:lesailes@nagomi-fukushi.or.jp
活動日
月曜日〜金曜日
活動時間
8:30〜17:00
多摩区地域相談支援センター
いろはにこんぺいとう
写真
相談支援センターとは

相談支援センターは、障害のある人が安心して 住み慣れた地域で生活できるように、専門の相談員がさまざまな相談に応じる事業です。

暮らしに関する相談、働くことに関する相談、お金のことに関する相談、サービスの利用についての相談など、本人の希望を実現できるように様々な相談に応じます。

相談を希望する方は、まずは電話をして、相談の予約をお願いします。

業務概要
営業日 月曜日〜金曜日
時 間 午前9時〜午後6時
お休み 土曜日・日曜日・祝日

所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS101
電話(044)299−6510
FAX(044)299−7985
E-mail:
konpeito@nagomi-fukushi.or.jp

ヘルパーステーション
いろはに
イラスト
ヘルパーステーションいろはに

ヘルパーステーションいろはに は、平成23年 10月より、多摩区を拠点に事業を開始しまし た。

主に多摩区・麻生区にお住まいの知的障害・精神障害をお持ちの方々に対し、移動支援・行動援護・家事支援・身体介護などの支援を行なっています。

地域で暮らす利用者の皆様の日々の生活を支えるものとして、ヘルパー支援は欠かせないものです。

利用者の皆さんの生活が充実したものとなるために、ニーズに沿ったヘルパーが提供できるよう、努めていきたいと思っています。

ヘルパーは常時募集しております。皆様のご協力をお願い致します。

業務概要
移動支援・行動援護・家事支援・身体介護・通所通学・通院支援 等
※年末年始を除き、土日祝日もヘルパー派遣を行なっています。

所在地
〒214-0012
川崎市多摩区中野島4-19-14プリメーラSS101
電話(044)299−6510
FAX(044)299−7985
E-mail:
helper-irohani@nagomi-fukushi.or.jp
携帯 helper-irohani@docomo.ne.jp
営業日 月曜日〜金曜日(担当者が不在の日もあり)
午前9時〜午後5時
土・日・祝日は不在(連絡は携帯電話まで)
このページの先頭へ▲
Copyright © Tamagawa Ayu Kobo. All rights reserved.