多摩川あゆ工房トップ >運営規程サイトマップ
多 摩 川 あ ゆ 工 房 の 事 業 説 明
(多摩川あゆ工房運営規程の要約)
運 営 法 人 社会福祉法人なごみ福祉会
法人の基本理念 障害の有無・程度を問わず地域で共に生きることを目指します。
事 業 の 種 別
1.障害施設サービス事業
障害者総合支援法にもとづく@生活介護事業 A就労継続事業B型を実施。
2.地域療育等支援事業
川崎市の事業として主に子どもの相談事業「子ども相談室でんでん虫」を運営実施。
障害施設サービスの
目的
1.利用者の作業活動、作業外活動の場を確保して安定した生活作りの支援を行うとともに工賃収入による経済的支援を行います。
2.一般就労、パート就労を問わず、一般の企業の中で障害の無い人もある人も共に働くことを支援します。
3.グループホームやヘルパーステーション、及び地域療育等支援事業などの法人内事業と連携して利用者の社会参加・地域生活支援を行います。
事業所の名称等
施設名実施事業と定員職員数
本体多摩川あゆ工房
川崎市多摩区中野島4-3-28
生活介護   定員38名常勤7名、非常勤5名
就労継続B型 定員12名常勤2名、非常勤1名
分場あゆクリーンサービス
川崎市多摩区中野島6-17-3
サンハイムいずみA-101
就労継続B型 定員10名常勤2名、非常勤2名
その他、管理責任者(常勤)1名、サービス管理責任者(常勤)2名、事務(非常勤)1名、調理は(株)ニチダンに委託
主たる利用者対象者 知的障害のある人、精神障害のある人(それぞれ区役所より受給者証が発行されていること)
業務日・業務時間 ●月曜日から金曜日(休みは土・日・祝日、12月29日〜1月3日)
●午前8時30分〜午後5時15分
●ただし、授産事業の都合で休みの日に業務を行うことがあります。
業 務 内 容 (実施事業によって事業内容に若干の違いがあります)
1.作業(授産)活動及び工賃の支払い5.健康相談及び健康診断(年2回)9.地域との交流
2.音楽、スポーツ等の作業外活動6.生活ホーム入居等の地域生活移行支援10.施設外支援
3.就労支援7.レクレーション11.食事の提供
4.生活相談8.家族との交流
利 用 料
●施設支援を提供した際には利用者の所得に応じて、川崎市が定める負担上限額の範囲内において利用者負担がある場合があります。
●次の費用は利用者から実費を徴収致します。
(1)食事代 (2)送迎費 (3)複写サービス
2015年4月1日現在
このページの先頭へ▲
Copyright © Tamagawa Ayu Kobo. All rights reserved.